タイ 旅行

パタヤのウォーキングストリートでヘナタトゥーしてみた結果

更新日:

タイの観光地パタヤ

パタヤの中で最も多くの人が行き交ってるであろう通りが

ウォーキングストリート

である。

 

ここを歩いている欧米人のほとんどがTATOOを入れてるように見える

(完全に個人的な見解です)

 

そのウォーキングストリートの中にあるTATTOO SHOP

 

「Thai Team Tattoo Pattaya」

 

 

ここでヘナタトゥーというボディペインティングをしてみた話。

 

 

Thai Team Tatto Pattaya の場所

 

パタヤのウォーキングストリート内にある「ペパーミント」というGOGO Barの横にあります

向かい側に「セブンイレブン」と「ファミリーマート」が並んでいますので、それが目印になるかと思います

 

 

 

「Thai Team Tattoo Pattaya」で検索してみると、全く違う所を指します。

系列の店舗があるのかも不明です。

 

↓ストリートビューの画像

 

ヘナタトゥーとは

ヘンナ(ヘナ)というミソハギ科の植物(ハーブ)を原料とした染料を使うボディーペイントのことで、海外ではお洒落なボディーアートとして、最近人気を集めている、注目のタトゥーです。

ヘナタトゥーは約2週間~1ヶ月ほどで自然と消える為、本物のタトゥーに比べて手軽かつ安価で施術する事が出来ます。

 

実際に自分も2週間で消えると説明を受けた。

 

ヘナタトゥーを施術してもらう

 

ヘナタトゥーの施術はというと(自分が体験した方法)

本物のタトゥーを彫る時に使う椅子に座らされ、本物のタトゥーを彫っている彫師が

爪楊枝を使ってヘナでデザインを書いてくれます。

 

店に入り、ヘナタトゥー(ボディペイント)をしてくれと言うと

めっちゃ分厚い「デザインの見本集」を渡され、この中から選べといわれる

 

自分の気に入ったデザインと、ヘナタトゥーを書いてもらう場所を決め、伝えると

値段を提示される。

値段交渉後、選んだデザインをPCでプリントアウトし

腕に貼り付け、転写される。

 

その後、転写されたデザインを爪楊枝を使ってヘナでトレースされていく

30分程で描き終わるのだが、それが乾くまで更に30分待たされる。

 

約30分後、「もう大丈夫」的なことを言われ、支払いをして終了

 

 

ヘナタトゥーを描いてもらったあと・・・

 

1時間~2時間ほどたつと、なんだか沁みてくる

痛いというわけではないが、ヘナが皮膚に浸透しているかの様に沁みてくる

4~5時間後、シャワーを浴びると(お湯だと)めちゃめちゃヒリヒリしてヤバい

水で流すと、表面のヘナが洗い流され、皮膚に色が付いてタトゥーっぽくなっていた

その後は、痛みも沁みも全くなくなった

 

ヘナタトゥーが消えるまで

自分の場合、帰国後1ヶ月以上ヘナタトゥーが消えなかった

消えないどころか、赤く腫れたような火傷みたいな感じになり

 

↓めちゃめちゃ痒かったし、どうなるのか不安になった

 

 

1ヶ月ほどで痒みや腫れはなくなり

その後、3ヶ月ほどでほぼ見えないくらいにまで消えた感じだった

 

まとめ

バンコクのカオサンロードやパタヤのビーチでもヘナタトゥーを描いてくれる(人)ところもある

割と手軽で簡単に施術できるのだが、自分の場合、帰国後不安になったw

まあそれでも、異国ではしゃいだ感じでよかったのではないかと思う。

肌に合わなかったり、痛みや痒みがあったり

最悪、痕が残るみたいな記事もあったので、自己責任で試してみて下さい。

 

 

 

 

そんなオレのプロフィール▼

 

[/speech_bubble]

  • この記事を書いた人

うに

九州の某所にて、 ネット上では日本の底辺職だといわれる 「長距離トラックのドライバー」をやって十数年。 なぜ底辺職と呼ばれるのかは理解できるし それについて異論はない。 がしかし、運送業界の闇に疲れ、 ストレスフリーの人生を送るべく 割と本気で今後の人生について考えている。

おすすめ記事

-タイ, 旅行
-, , , , , , ,

PLAY NOW

Translate »

Copyright© [新]長距離トラックドライバーのオレ3.0 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。