トラック運転手

運送業界におけるトラック運転手の就職と転職について

トラック運転手の就職または転職について

一言でトラック運転手と言っても、実はさまざまな業種や職種があって

長距離なのか地場(近場)なのか、大型トラックなのか中型以下のトラックなのか

箱車なのか平ボディー車なのか、

箱車の中でもドライウイング車だったり、冷凍ウイング車や冷凍箱車だったり

実にさまざまな業種職種に応じた、さまざまなトラックがある訳だが

全くの素人がトラック運転手になろうと思っても、会社選びや仕事選びは簡単ではないし

完全に仕事内容を把握して会社を選ぶのは難しい。

また実際にトラックドライバーと就労中の人が転職する場合においても

おおかたのパターンとしては、同業者の知り合いからの紹介がまず多いと思うが

メリットは、仕事内容や給与面などの詳細な情報が運転手目線で事前に聞けると言う事

デメリットとしては、感覚のズレ等で自分が思っていた内容ではなかった等だった場合でも退職しづらいという点だろう。

 

他にハローワークや転職サイト等の自分で検索判断する場合は更に内容が分かりづらく

書面や面接での説明と実際の内容が異なる事がとて多い職種であると感じる。

 

端的に言うと、仕事内容が容易だったり、休日が多いという場合

ほとんどが給与面で納得できない場合が多い

とはいえ、今の労働環境に納得していない人も多いのでないかと思う

自分の周囲でも、そこそこ妥協しながら働いている人も多い感じだ

それは、仕事内容のキツさだったり、給与面だったりする事がほとんどの様に思う

しかも、転職しようにも時間がないという人も多いのではないだろうか?

 

腹立つ荷待ちの待機中だったり、面倒くさい430の休憩中にスマホで

サクッと検索してみるのもいい。

 

日本国内No.1ドライバー専門求人サイト「ドラエバー」での求職者&企業プロモーション 

 

 

ハローワークもオンラインでハローワークインターネットサービス

ハローワークでのドライバー求人ほど離職率が高いと思うけどねw

 

20代や30代の若い人なら他職への転職や学習だって出来る

サクっとプログラミングでも学んでみるとか?

 

今の時代、就職はIT業界一択と思うw

 

 

転職はエネルギーを使う行為なので、出来るだけ失敗しないようにしたいよねw

 

PS

運送会社に限って言えば、面接時スーツ着用とかいないとおもうし、普段着でいいと思う。

あくまで経験上での話であって、スーツ着用のところもあるかもしれないw

履歴書ですらまあまあテキトーでも通用する(嘘を書くのは当然ダメw)

 

 

今から運転手になろうという業界未経験者は

・長距離トラック運転を舐めてるヤツが見るべきYouTube動画8選

長距離トラックの運転手という職業・

運転手や現場労働者のヘルメットによる薄毛(ハゲ)問題をどうするか

これらの記事を読んでみて。

  • この記事を書いた人

UK

一年のうち、1ヶ月くらいを東南アジアのどこかで過ごす、低学歴で低所得でデブい中年のおっさん。 ネット上では底辺の職業だといわれる"長距離トラックドライバー"になって十数年。長距離トラックドライバー目線からの運送業について愚痴も含め解説していくブログを立ち上げてみた。

\ Follow Me! /

PLAY NOW

Translate »

© 2020 長距離トラックドライバー3.0

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。