日記

#1 何となく...日本を出てみよう!しがない長距離トラックドライバーが一人で海外旅行へ | 初の海外一人旅

初の海外一人旅

 

普段、長距離トラック運転手として日々を割と忙しく生活するオレには

何となく自分の生活や仕事に対して ふと疑問に思った瞬間がある。

 

 

それは数年前、一人でタイのバンコクへ 行った時だった。

 

 

当然ながら、知り合いは誰一人いない異国の地

頼れるものは何もなく、不安とマイナス的な

ドキドキ感とワクワク感でいっぱいだった。

 

多国籍な人でごった返し活気溢れるタイの首都バンコクで一人きり

バーではしゃぐ欧米人や道路で物乞いをする人が混在し

そんなカオス日本とは違う生活を初めて目の当たりにした時。

 

オレが何となく自分の生活や仕事に対して、ふと疑問に思った瞬間である。

 

 

そもそも何故、オレが海外への一人旅をすることになったのか

そして、初の海外一人旅はどうだったのかが今回の話です。

#1 何となく...日本を出てみよう!しがない長距離トラックドライバーが一人で海外旅行へ

 

それは、ただごくごく普通の毎日を過ごす中で

 

何気に思った事があって、長距離トラックドライバーである私は

 

住所だけを元に日本全国の至るところへ行くワケですが

(当然それが仕事なのでw)

 

昔は地図を片手に。

そして現在はカーナビを見ながら。

 

そして

 

最近ではGoogle mapというマストアイテム を使いこなす。

 

 

しかしながら、こちらは通常の乗用車ではなく

大型トラックなので、道幅が狭かったり大型侵入禁止などの

予期せぬトラブルに見舞われることも多々あるワケですよ。

 

 

でもね

 

でもね

 

辿り着かなかったこと

 

 

当然ながら一回もないw

 

 

 

そして、ある日

何気に、これはたとえ海外であってもそう出来るのかと思ったのです。

 

これは本当に不思議な感覚であり

自然と頭にふと浮かんだのです。

 

そして私はDeNAのサイトで航空券を検索した

行き先はなんとなくタイバンコク

いわゆる「そうだバンコクへ行こう」的なw

 

なぜ、海外の第一候補にタイだとかバンコクだとかが出てきたのかというと

この少し前に、地元の仲間や先輩たちと居酒屋で飯食ってた時

先輩の一人が「バンコクに転勤になった」「バンコクに移住する

と言ってたのが頭に強く残っていたんだろうと思う。

 

話を戻して

で、確かこの時が8月くらいだったと思う。

 

とりあえず考えられる直近の大型連休年末年始

よし!年末年始の旅行として行こうと。

 

そしてその検索中、またあることに気付く

それは

「経由すればチケットが安くなる上に何カ国も行けて一回で二度おいしくね?」

ということ(こんな時の私は多少クレイジーだったと自覚しているw)

 

しかも、トランジットの時間を長くすれば

「観光できるじゃん!」

 

それで、南京成都を経由して行き 昆明上海を経由して帰るという

「一度で二度どころか一回に五度おいしいw」便を発見した。

勢いそのまま、凄い計画突発的に決め、 チケットを購入した。

 

もはやキチガイ以外の何者でもないオレ。

 

そして、ホテルもDeNAでバンコク滞在分の予約をした。

ほぼノープランでありながら、この時の私はワクワク感しかなかったと思う。

そして年末までは、またいつもの日常でいつものように仕事をしていた。

 

ただ、12月入ったくらいから 何となく不安になってきて

出発の三日程前から「行きたくないな感」でいっぱいになっていた・・・

 

 

#2 海外での初トラブルそして... | 初の海外一人旅 」へつづく

 

 

#2 初海外でいきなり初トラブル! 中国・成都双流国際空港でロストバゲージ!? | 初の海外一人旅
#3 ロストバゲージの危機を乗り越えて、いざ中国四川省の省都・成都へ | 初の海外一人旅
#4 時間は少ないながら成都観光をする事に…成都武侯祠へ行く | 初の海外一人旅
#5 今回の旅の目的地であるタイ・バンコクへ…正月を初めて海外で過ごす | 初の海外一人旅
#6 楽しかったタイ、バンコクから出国。そして昆明へ | 初の海外一人旅
#7 恐怖と寒さであまり眠れなかった昆明から脱出後、上海そして日本へ帰国 | 初の海外一人旅

 

  • この記事を書いた人

UK

一年のうち、1ヶ月くらいを東南アジアのどこかで過ごす、低学歴で低所得でデブい中年のおっさん。 ネット上では底辺の職業だといわれる"長距離トラックドライバー"になって十数年。長距離トラックドライバー目線からの運送業について愚痴も含め解説していくブログを立ち上げてみた。

\ Follow Me! /

PLAY NOW

Translate »

© 2020 長距離トラックドライバー3.0

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。