日々思う事

下っ端って会社に評価されなくてもよくないか?

更新日:

 10数年長距離トラックのドライバーをやってきたオレが

下っ端って会社に評価されなくてもよくないか?って考えてみた

 

俺のような底辺労働者はどうあがこうが会社で出世する事はない訳で  

例えば会社に評価された所でボーナスがほんの少し上がるか

月収が少し上がるかがいいところだろう  

しかしこれは、会社に評価される(好まれる)為に

会社(上司)の言う事にイエスマンになり

ただひたすら忠実に媚び諂う必要がある。  

トラック運転手に限って言えば

トラックの運転手なんて職業は正直誰にだって出来るし

多少のリスクと自分の時間を差し出し

多少の我慢をすればいい訳で

免許さえあればいつだって誰にだって出来る。

 

そんな誰にだって出来る仕事において

会社に飼われ、会社や上司に媚び諂い時間を消費し

得る評価(給与)の低いこと。  

そこでふと思ったのが、会社に忠実で

無条件に自分の時間を差し出して会社に評価されたとして

得る僅かな収入アップ  

その僅かばかりのお金の為に会社に評価されようと必死になる人たちを見て

本気でヤバイと思った。  

よくよく考えてみたら、寝る時間以外ほぼ仕事という環境にいて

それに加えて、あーだこーだと意味不明なルールを作られ

それを忠実に実行しやっと得られる評価ならば  

逆に評価されない方が余程意志があるように感じてしまった。

運転手に限らず、世の中に底辺の労働者は腐る程いるし

そこで評価されてない人達も腐る程いると思う  

しかし  

会社に評価されようとすればする程  

会社の指示をただ忠実に実行すればする程  

思考は停止していくし成長もないのではないか?  

代替えが効くと言うか、自分である必要すらない

もっと言えば将来的に

AIやテクノロジーに奪われる事もゼロではないだろう。

そこに思考や感情や工夫などの人間的なものは不必要だからだ  

そこで、私は評価されなくとも良いと考えた

そこには意志や思考や工夫があり、より人間的だと思ったからで

更には会社や組織に取り込まれることで死ぬであろう人間力を持ち続けれるし

個人の力を持ち成長出来るだろうと考えた  

これから(今)の時代に必要なのは個人の力であり  

正規雇用の会社員ならば安定だ」とか  

この平成も終わろうとしている時代に 、そんな昭和的な発想はかなり危険ではないか  

そんな、古い考えは今すぐ捨て

会社で評価されていない人こそ  

逆にチャンスと捉え 自信を持ち、自力をつけていけば良いとポジティブに考えてみる。  

変に評価される事で会社に縛られてしまうよりも 評価されない事で、会社に縛られる事なく

自分を見つめなおし  

来たる未来へ向け、自分自身の力をつけることが出来るのではないだろうか。    

 

ただ会社に反発反抗すればいいって事ではないし、そんな事する必要は1ミリもないよw    

 

動物園の檻の中で自由を失い人の都合(時間)で生きていくよりも(それが幸せなのかも疑問だが)

リスクがあろうと自然の中で工夫して本来の自由な生き方をした方が良くないかってこと。  

思想や思考は人それぞれだが

低学歴の末端労働者の俺はそう考えることにした (わはは  

 

 

 

こんな人が書いてますプロフィール  

 

 

[speech_bubble type="rtail" subtype="L1" icon="ore.jpg" name="あんいんく"]思いついた事呟いてます。フォローよろしくです。[/speech_bubble]

  • この記事を書いた人

うに

九州の某所にて、 ネット上では日本の底辺職だといわれる 「長距離トラックのドライバー」をやって十数年。 なぜ底辺職と呼ばれるのかは理解できるし それについて異論はない。 がしかし、運送業界の闇に疲れ、 ストレスフリーの人生を送るべく 割と本気で今後の人生について考えている。

おすすめ記事

-日々思う事
-,

PLAY NOW

Translate »

Copyright© [新]長距離トラックドライバーのオレ3.0 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。