生活 運転手

会社所有のトラックを実費で改造することの無意味さ無駄さ【未経験向け】

投稿日:

何の意味もなく、ただ無駄

geralt / Pixabay

会社のトラックに実費でパーツを付けることの無意味さと無駄さ

10数年長距離トラックドライバーをやっているオレですが

自分の経験と知人のトラックドライバーの人たちを見て聞いて感じた

トラックに無駄なパーツや装飾品を付ける

所謂、トラックを飾っても損でしかない明確な理由を解説します。

 

トラック飾るってマジ無駄って

まずはトラックにパーツを付けたり、パーツを交換したり、改造することを業界用語で

トラックを飾る

と言います。

 

会社所有のトラックにいろいろなパーツや装飾品を実費で付けるトラックドライバーって、割りといます。

実は自分自身もそうでした。

理由としては、当時はトラックをというか、車をイジる(改造する)ことが好きな方でした。

実際に、パーツを交換しては「カッコ良くなった」

パーツを付けては「カッコ良くなった」なんて事を言ってたし、そう思ってました(テヘペロ

当時はそれでそこそこ満足してたんです(バカ丸出しでした)

同僚や知人のトラックドライバーにも似たような感じの人も多かったように感じます。

 

ですので、トラックドライバーになったばかりの人や、これからトラックドライバーになろうとしてる人へ

会社所有のトラックを実費で飾る(改造する)ことの無意味さと無駄さについて解説していきます。

 

カッコ良いトラックに乗ってたら何か得するの?

そもそもカッコ良いって思ってるの自分だけですし

周囲の人からしたら、トラックはトラックであって、ただのトラックって認識しかない。

百歩譲って、同業のトラックドライバーがカッコ良いと評価してくれるかもしれないが

で?って感じ。

ものすごく狭いコミュニティの中で自己アピールしてるだけだし、逆に恥ずかしくね?って思うし

実際に「なんか得するの?」って聞くと、たぶん怒り狂うんだよね。

だって、何にも徳なんてないのだから。

 

自分もまったくもって何の徳もないことに気付いたら、秒で辞めたし、恥ずかしくなってきたよね。

 

だから、トラックドライバーになって、トラックに金かけようとしても一回冷静に考えて見て

お金を稼ぐためにトラックドライバーをやっているのに、その稼いだお金をトラックに消費することの無駄さを

マジで醒めるから。

 

何の得もしない上に、お金をドブに捨てるような無意味なことはやめよう

ってことです。

 

トラックを飾った故時間的金銭的な無駄

基本的にトラックが汚れていようが、綺麗であろうが

仕事する上において、その差は全くない。

整備上な意味や会社の車両を借りてる立場からで、

最低限の洗車や点検をするのは当たり前の話ということは前提として

パーツを付けたり、交換したりして

「カッコ良くなった」と自己満した事で、トラックに愛着が湧き

暇さえあれば洗車、寝る間を惜しんで洗車、休日を返上して洗車

という風に自分の時間を無駄に消費する

というか、洗車の域を超えて、磨き出す。

そうなると、時間的にも金銭的にも無駄しかない負のループに陥りがちになる。

自分の時間を無駄に削ることは命を無駄に削ってるってことだからね。

ただでさえ、自分の時間を持つことが極端に少なくなりがちなトラックドライバーという仕事

できる限り、自分の時間をより多く持つようにした方が良いよって話です。

 

無駄にお金と時間を奪われる行為を自ら進んでやることはなくね?

ってことです。

 

会社って数年周期でトラック買い替えるんだけど、どうすんの?

会社って、数年周期くらいでトラックを買い替えるんです

会社的には故障が多くなってくると修理代がかさんでくる

つまり、経費が膨らんでくることや

それ以上に、故障で稼働効率が悪化したり、荷主に対して迷惑をかける前の対策として

数年周期で新しい車両に買い換える訳です。

とはいえ、トラックを手入れし磨いてより長く乗ってくれるのは会社からするといいことです。

 

その乗り換え時、手間をかけてパーツを元通りに戻すか

もしくは、パーツはそのままにしておくかの二択になります。

パーツを元通りに戻すという手間と時間の無駄

次に乗る車両(トラック)にも使えるパーツの場合

古い車両から外し、新しい車両へ付ける

その手間と時間の無駄たるや・・・

 

パーツを付けたまま、次のトラックに乗り換える場合

単純にその瞬間にパーツ代として使ったお金は捨てることになります。

つまり、お金の無駄

 

このようなことからも、トラックの改造がいかに無駄かわかると思いますし

もし、トラックにお金を使ってしまった人でも

ラック乗り換え時が、無駄で無意味なことをすることから卒業する絶好機です

 

今後トラックドライバーの所得は下がるので無駄にお金を使えない

いつまでも、無意味で無駄なことはやめましょう。

今後トラックドライバーの所得は確実に下がりますよ

今後、ますます法規制は厳しくなっていくだろうし、自動運転技術も実用されるのも時間の問題ですし

トラックドライバーの所得は下がっていきます。

確実に!です

食っていけない程にまで所得が下がるかというと、そこまでではないと思います。

 

とはいえ、無駄にお金を使って会社所有のトラックを飾るとか、100%無駄でしかありませんので

今のうちからキチンと考えましょう。

 

そして厄介なのが、あの手の人たちは普通の洗車レベルでは汚いとかいう始末で

あいつのトラックは汚いとか言い出します。

これはマジで実際に高確率です。

相手にしない方がいいですし、相手にしないだけで徳を得ます。

最悪なのは、トラックが汚れる、トラックが傷つくという理由で仕事すら選び出す輩みたいな人までいます。

嘘のようで、これも本当の話です。

 

まとめ

トラックを飾っても何の意味もないし、完全に無駄な理由

・トラックを飾ったところで、ただの自己満であり、所得が増える訳でもない

・トラックをカッコ良いと思われたところで、所得は増えない

・トラックを飾ったことによって、洗車の時間が圧倒的に増える

・睡眠時間や休日まで返上するハメになりかねない

・逆にトラックを飾っても、洗車しないのであれば、そもそもトラック飾る必要はない

・そもそもトラックを飾れるような会社は基本的にブラック気味

・その他の職種で、例えば改造してる営業車とか見たことないし、完全にトラックの独自文化だ

・精神的な成長が止まってるようで恥ずい

・お金を稼ぐ為にトラックに乗っているのであって、トラックにお金を使うとか本末転倒

・まさしく百害あって一利なし

以上の理由でトラックを飾るのはやめましょう。

 

これは完全に実体験を基にしています、昔の自分を見ても「クダラナイなあ」と思いますし

「無意味で無駄なことやってたなあ」と思います。

自分も時間的にいうと1年とか2年とか捨ててると思いますし、実際にお金も捨てています。

何一つ得ていませんし、後悔しかありません。

 

たまに飾った古いトラックを必死に磨いていつまでも乗りつづけている人を見ますが

罰ゲームとしか思えません。

なぜなら、新しいトラックの方が全ての面で優れているからです

なのに、古いトラックに乗りつづけなければならない理由は

お金をかけて飾ってしまった為に勿体ない

ということでしょう。

 

つまり、全ての面で新型車両に劣る古いトラックを圧倒的な時間を使い磨き、乗り続けることになるのです。

 

しかも、トラックに実費を投じている人に限って、お金のために休まず労働しようとしがちです。

 

え?ちょwwwwww

お金を得る為に仕事して、その得たお金をトラックに投じて、お金が足りないから休みなく働いてお金を稼いで・・・

地獄のような負の無限ループですね。

 

そうならない為にも、未経験や経験の浅いトラックドライバーは周囲のそういうトラックドライバーに流されがちですが

キチンと自分で考えて行動して欲しいなってことでした。

 

PS.ただディスってるような記事ですが、トラックを飾ってる人の中にも誰にも無害であり

個人的にただ好きでやってるような感じで、人間的には良い人がいるのも、また事実です。

 

 

 

そんなオレのプロフィール▼

 

 

 

おすすめ記事

スマホ料金プランを比較する 1

AhmadArdity / Pixabay 仕事の連絡のほぼ100%を電話を使ってやりとりする長距離トラックドライバーにとって、電話は無くてはならない必需品ですが 今の時代、電話以外にもナビ代わりのグ ...

長距離トラックドライバーの転職方法 2

Boboshow / Pixabay 長距離トラックドライバーという仕事を長年やっていると、気付くことがある。 それは   長距離トラックドライバーは転職を繰り返しがちだという事だ。 &nb ...

-生活, 運転手
-, , , , ,

PLAY NOW

Translate »

Copyright© 長距離トラックドライバー3.0 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ