旅行

初の海外一人旅 #6 楽しかったタイ、バンコクから出国。そして昆明へ

更新日:

忙しくもスローで自由なバンコクでの楽しかった日々は、それこそあっという間に終わった気がした。

夕方の飛行機だったので、最終日は10時頃にチェックアウトし

最後のバンコク散策をした (汗だくになり多少後悔したが)

なんだか急に寂しくなった

確かに日本だったら、あのうだる暑さの中ここまで行動していないだろうし

ここまで睡眠を取ることもなかっただろう。

日本では絶対にしない行動をとった数日間だった。

それでも帰りたいと思ったのは一瞬たりともなかった。

どちらかといえば、まだまだこの生活を続けていたかった

確かにそれは、バンコクの表面的に良い部分しか見てないからかもしれないし

それほどに日本での生活が苦だったのかもしれない。

はっきり言えることは、バンコクでの数日間は 少年時代に

未来の事など考えず、勉強もせず、 ただただ楽しいというだけで

友達と遊ぶことに没頭していたあの頃と 同じ感覚だったということだ。

大人になるにつれ、社会に紛れ、人に合わせ

自分を押し殺し生きて行くことが普通になっていた。 (夢や目標を持って、努力している人は別として)

私は真面目に努力した記憶はほぼない。

ただ、遊びに関しては真剣に本気で遊んでいたと思う。

その瞬間はある種の真面目だったのだろう。

そう思うと、ここに来た意味はあったし

明らかに自分の中で何かが変わっなんだか急に寂しくなった

確かに日本だったら、あのうだる暑さの中ここまで行動していないだろうし

ここまで睡眠を取ることもなかっただろう。

日本では絶対にしない行動をとった数日間だった。

 

そしてタクシーに乗り

「空港まで頼む」「あ、あとメーターは使ってね」と伝えた

空港までの小一時間は、なんだか今まで味わったことのない感覚だった。

空港に着くと、運転手のオッチャンがトランクから

私のスーツケースを取り出し、手渡してくれた

なんか妙に優しくされた気がして チップを多めに渡した。

運転手は明らかに喜びを、私の手を握って 「コップンカー」と言った(こう聞こえた)

 

 

私は搭乗手続きを終え、スーツケースを預けると 余った時間いっぱい、空港内をうろついた。

 

 

帰りは昆明と上海経由なので

手持ちのタイバーツをとりあえず1万円分程を中国元に両替して

残りを日本円に両替した。

昆明に0時着くらいだった上に7時間のトランジットだったので

空港泊に不安があったのとシャワーを浴びたかったので Booking.com で適当にホテルを予約した。

タクシーの運転手に英語が通じない場合に備えて 夏さんに連絡して

ホテルの住所を翻訳してもらった

 

 

ところが、昆明に着き入国した瞬間

変な中国人のオッチャンが中国語で話しかけてきた 全くわからない。

もうシカトして逃げようとしたが 腕を掴んでくるw

そして今度は流暢な英語で

 

オッチャン「ホテルは決まってるのか?」

俺「決まってる」

オッチャン「もう支払ってるのか?」

俺「うん」

オッチャン「んー••• んー•••」

 

ここで私はタクシーに住所説明したりするのが なんとなくめんどくさく思えて来て

「もうオッチャンのとこ連れてけよ」 って言った (とにかくシャワーを浴びて寝たかったからだ)

そしたら 「でもお前、もう金も払ってんだろ?」 「大丈夫か?いいのか?」 と逆に心配してきたw

 

私「いいよ もう。払った分は捨てる」

私 「だからオッチャンのとこ連れてけよ」

オッチャン「わかった。でもお前チャイナマネー持ってるのか?」

私「少し持ってる。いくらだ?」

オッチャン「180! 180!」

私「持ってる」

オッチャン「ok ゴー」

 

と言って、私のスーツケースを取り 「急ぐぞ」みたいな感じで走り出した

私も慌てて後を追いかけた。

外の駐車場に行き、ボッロボロのハイエースみたいな車の前で止まった

なんかオッチャンとその車の運転手が話してるが

なんとなくだが「もう一人乗せろ」「無理だろ?」

みたいな雰囲気のやりとりをしてる

するとオッチャンが後ろのスライドドアを開けた

 

「えー これ何人乗ってるんだよ」 と思う程の人達が乗っていた

「明らかに無理だろ。どうすんのこれ」 と私もさすがに不安になった。

雨が降り寒い中、またオッチャンと運転手が悩んでた (私も正直、諦めたかったくらいだ)

オッチャンが助手席のドアを開け 「乗れ」と言ってきた

私は「マジか?」と思ったが、考える余裕もなく 物凄く散らかった車内に乗った

すると、更に「詰めろ」と言いながらオッチャンも乗ってきた

汚い車内に、中国人のオッチャン二人に挟まれ

後部座席には10人程の中国人。

昔の何かの映画で見たような

山奥の現場に送られる奴隷労働者の集団 または、リアルカイジ みたいな感じになり

猛烈な不安に襲われた。

車は動き出し、すぐにハイウェイに乗った インターチェンジを2つ3つ超えただろうか?

30分程でハイウェイを降りた。

夜中で雨も降っているが、道路が物凄く汚いのが分かる。

しばらく走り、車は路地に入っていった

 

スラムさながらのダウンタウンみたいな所に。

 

なんとなくだが、 死を感じた(直感的に割と本気で)

細い入り組んだ路地の一角で車が止まった

オッチャンが降り 「着いたぞ、降りろ」みたいな事を言ってきた

古びたホテルというか、7〜8階建てくらいの廃墟っぽい建物だった。

それよりも、後部座席から降りてきた中国人らしき集団は 10人以上いたw(どうやって乗ってたのか不思議である)

不安しかなかった(人生で初めて恐怖で涙が出そうだった)

受け付けらしきおっさんが 「180! 180! 早く払ってさっさと部屋へ行け」 みたいな感じでまくしたててくる

180元払うと、ヌンチャクみたいなキーホルダー付きの鍵を渡された

「ここから行け」と腕を引っ張られた。

とても客という扱いではない事はわかる。

促された先は、昔の団地みたいなコンクリートの階段があった 部屋は3階か4階だったと思う

私はスーツケースを抱えて、暗く狭く寒い階段を上がった

部屋に入ると、牢獄かと思う程に室内は寒く

電気を付けると、窓が全開に開いていた

窓の外と言うか、下からは先程の中国人の集団が やたらと大きな声で話し笑っていた

私は窓を閉め、入り口の鍵を閉め ちゃんと施錠出来てるのかを何回も確認した

とりあえずシャワーを浴びようと思い

シャワールームのドアを開けた↓

 

中はその昔ここで処刑されてたのではないかと思う程に

冷たく暗かった。

電気を付け、お湯と水の蛇口を捻った

5分程たっても、水からお湯に変わる気配すらない。

私はシャワーを諦め、歯だけ磨いて寝ることにした

置いてあった歯ブラシの袋を破り取り出した

小さなチューブにはいった歯磨き粉だが

誰がどう見ても、明らかに古いのがわかった。

もうどうなってもいいかと、半ばヤケになり それで歯を磨き、キンキンに冷えた水でうがいをした。

ベッドにはサテンのような生地の掛け布団と言うか布の上に毛布が掛けられていて

毛布が下でサテンが上に来るのが普通じゃないのか

でもここは日本ではなく、中国だ

くだらん固定観念を捨てることに決め

布団に入ったら 冷たすぎて、眠るどころか眼が覚める

朝ちゃんと空港まで送迎してくれるのだろうか?

とか、 色々な事を考え、なにより寒くて寝付けなかった

だが、いつの間眠りについていて

 

部屋の電話が鳴り、目が覚めた

 

ちゃんとモーニングコールをしてくれたようだ

とにかくここから早く出たい。

空港に行きたい。

帰りたい。

その思いで、急いでロビーに向かった

ロビーには昨日の中国人の集団もいた

まだ外は薄暗く、雨が降っていた

言うまでもなく、昨日と同じく定員の倍くらいの 人数を乗せ、雨の中空港へ向かった

よくこんなところに来たなと改めて思った

空港に着くと、スーツケースを受け取り

とりあえず「サンキュー」と言い

足早に車を離れたが、アスファルトの路面はドロドロで

スーツケースを転がすのも嫌だったので スーツケースを抱えて小走りで空港のロビーにはいった。

すぐにチケットカウンターへ向かい スーツケースを預けて、イミグレを通り

搭乗口の近くのベンチに座って一息ついた ここでやっと、心の中にあった不安感から解放された気がした。

 

そして機内に入り、最後の経由地の上海へと飛び立った。

 

 

#7 上海そして日本へ帰国 へつづく

 

 

そんなオレのプロフィール▼

 

 

[speech_bubble type="rtail" subtype="L1" icon="ore.jpg" name="あんいんく"][/speech_bubble]

  • この記事を書いた人

うに

九州の某所にて、 ネット上では日本の底辺職だといわれる 「長距離トラックのドライバー」をやって十数年。 なぜ底辺職と呼ばれるのかは理解できるし それについて異論はない。 がしかし、運送業界の闇に疲れ、 ストレスフリーの人生を送るべく 割と本気で今後の人生について考えている。

おすすめ記事

-旅行
-, ,

PLAY NOW

Translate »

Copyright© [新]長距離トラックドライバーのオレ3.0 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。