長距離トラックドライバーになれば、誰でも年収450万円くらいは稼げますよ

転職・就職 運転手

長距離トラックドライバーになれば年収450万円くらいなら稼げますよ

更新日:

まず最初に言っておきますが

長距離トラックドライバーになれば年収450万円くらいなら稼げますよ

(実際の源泉徴収票を公開します)

って話です。

 

 

正確には

長距離の大型トラックドライバーになれば

の話しです。

ごめんなさい(テヘペロ

 

 

自分は現在長距離トラックドライバーをやっていて

(もちろん大型トラックです)

他の一般職の人の所得がどれくらいなのかは分かりませんが

未経験者でトラックドライバーとして入社してきた人に話しを聞くと

相対的に給料面の高さに魅力を感じてきたという人が多い様に感じますし

「前職の給料がこれだけで、子供にお金が掛かる為、意を決してトラックドライバーになった」みたいな人が多いように感じます。

ですので、一般的な職業よりは多少なりとも所得がいいのではないかと思ったわけです。

 

 

 

ポイント

とりあえず、ドライバー求人を無料で登録&検索

稼げるドライバー求人情報はこちら

 

長距離トラックドライバーになれば即月収40万円弱くらいなら稼げますよ

年齢や性別に関係なく(極端な高齢者とかは別ですが)

長距離の大型トラックドライバーになれば月収35万円くらいなら稼げます。

間違いなく誰にでも稼げます。

それは未経験者であっても同じです。

ただ「1ヶ月間まるまる働いた」場合です

最初の1ヶ月というのが最もしんどくて、1ヶ月持たずに辞める人も多いですから。

 

逆に月収35万円以下の運送会社であれば、安すぎますので辞めておいた方がいいと思います

経験者だと月収35万円以下ではまず働かないと思います。

 

これはあくまで長距離の大型トラックドライバーの話です。

(地場などの近距離輸送はこの限りではありません)

 

月収35万円以上の長距離大型トラックドライバーという職業の落とし穴

年齢や性別や経験等に関係なく長距離トラックドライバーとして働くと

月収35万円くらいは誰にでも稼ぐことが可能だということは先に話しました。

 

しかし、落とし穴というか注意点もあります。

 

月収35万円は誰にでもすぐに稼ぐことは可能なのですが

昇給することは一生ありません。

正確には昇給があったとしても、昇給を体感することはないと思います。

 

自分の経験上や同業の友人からの情報などをまとめて

少しだけ詳しく話しますと

長距離トラックドライバーってほとんどの場合、月給や日給ではなく歩合給です

まあ基本的に歩合給です。

単価(距離や行先)=日給となり

日給ⅹ月に運行した回数=月収になるのですが

昇給して単価が千円~二千円ほどあがったところで、

運行回数が1回減れば、月単位の月収でみた場合、マイナスになるのです。

逆に運行回数が1回増えれば、月単位の月収で見た場合、プラスになります。

 

例えば

福岡→大阪に行った場合、給料単価が¥20000だったとします

これを月に10回運行したとします

往路:福岡→大阪=¥20000 復路:大阪→福岡=¥20000 つまり往復¥40000x10回=¥400000

になります

 

昇給して単価が¥21000になった場合 ¥42000x10=420000 になりますが

月単位の稼働数をみると当然ながら毎月バラツキがあり

月の運行回数が9回だったり、11回だったりするので昇給したとしても正直体感できないのです。

月収にして±¥20000とか普通にバラつきます。

 

昇給するより、効率的に配車を組んでもらった方がドライバーとしては意味があるように感じます

 

長距離トラックドライバーという職業は一般的な職業と違い、給料形態が少し違いますので

まあ自分の経験上、昇給しない場合が多いですし、ドライバー職は昇給しないと思ってて良いと思います。

 

とりあえず月収40万円弱、年収450万円くらいの収入があればいい

とりあえず月収35万円弱、年収450万円くらいの収入があればいいって人は

年齢や性別や経験を問わず、長距離大型トラックドライバーになればいいと思います。

 

低収入すぎて困ってる人は

女性でも未経験者であっても長距離大型トラックドライバーになりましょうw

 

ちなみに、ほぼほぼ完全週休二日のオレの2018年(平成30年)の源泉徴収票が↓

長距離トラックドライバーの仕事としては、圧倒的に楽な仕事であり

1日の荷役(積み降ろし)時間は30分以内x2(積み+降ろし)です。

(もちろん自主荷役ではありません、ウイングのボタン押すだけです)

つまりは長距離トラックドライバーとしては収入も低い方です。

(実際に会社の同僚ドライバーの中でも収入は1位2位を争う低さです)

それでも実際に年収¥450万を超える事は可能ですね。

 

ポイント

とりあえず、ドライバー求人を無料で登録&検索

稼げるドライバー求人情報はこちら

現状が低収入で何の資格もない方は長距離トラックドライバーになろう

現状が低収入で何の資格もない方は長距離トラックドライバーになりましょう

もう一回言います。

現状が低収入で何の資格もない方は長距離トラックドライバーになりましょう

大型免許だけあればいいですし

最悪、大型免許は入社後に補助を受けて取れます。

 

あと、ほかの職業だったら考えられないけれど、長距離トラックのドライバーって

眠たくなったら、いつでも寝れるんですよ!

「ああ眠い、2時間昼寝しよう」とか余裕でできてしまいます。

もちろん出来ない場合もありますが、通常は時間の調整は出来る場合がほとんどです。

これって凄くないですか? 長距離トラックドライバーの特権みたいなものです。

女性や未経験者であっても、やる気だけで入社可能です....たぶん

 

なぜなら

amazonをはじめとする、ネット通販の利用者は今後ますます増えていくでしょうし

それに伴い荷物量、即ち運送会社の仕事量がどんどん増えていく事は容易に理解できます。

しかし今後、ドライバーの人口はどんどん減っていきますし

将来的にドライバー不足は深刻になる事が予想されていますので

女性をはじめ、未経験者であっても、重宝されると思います。

最近はパレット輸送も多いですし

拘束時間とか労働時間の関係上、高速道路を使っての移動が当たり前になってきてますので

女性や未経験者でも十分働ける環境に実際なってきてます。

(あと意外な事ですが、ガソリンスタンドのシャワールームも女性用があるところもあります)

 

ただし、法的に運行回数や労働時間、拘束時間が厳しく制限される可能性がありますので

収入も下がっていくかもしれません。

(もしかすると輸送単価が上がる可能性もありますが)

おそらく、収入は今より下がると思います。

 




そんなオレのプロフィール▼

 

おすすめ記事

スマホ料金プランを比較する 1

AhmadArdity / Pixabay 仕事の連絡のほぼ100%を電話を使ってやりとりする長距離トラックドライバーにとって、電話は無くてはならない必需品ですが 今の時代、電話以外にもナビ代わりのグ ...

長距離トラックドライバーの転職方法 2

Boboshow / Pixabay 長距離トラックドライバーという仕事を長年やっていると、気付くことがある。 それは   長距離トラックドライバーは転職を繰り返しがちだという事だ。 &nb ...

-転職・就職, 運転手
-, , , , ,

PLAY NOW

Translate »

Copyright© [新]長距離トラックドライバーのオレ3.0 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。